スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでの道のり ファイナル

その5からの続き・・・

その結果、なんと13頭もの幼虫をゲットすることができました~!
材を割ったそばから出るわ、出るわ。割り出しって楽し~~~~~い!!!
最初にしては上出来、上出来・・・
ん?待てよ。1本から13頭取れるって事は、4本で50頭を超えるかも知れない!?
そんなに飼育できるほど、予算組んでないよぉ~!!!
ってことで、あっけなく2週間ごとに4回計画は中止。既にセット済みの3本目で終了することになったのでした。

それにしても割り出しって楽しいですねぇ~。癖になりそう。
2本目は、まだ10日くらい先かぁ・・・
・・・卵も見てみたいよね!?だろ!?だよ。よし、2本目の割り出し決行!
2010年8月13日、割り出しの誘惑にすぐに負けてしまった私は、2本目の割り出しを決行したのでした。
2本目の材はあまり削られておらず、今考えると空振りでもおかしくない状態でした。
・・・いない。いねぇー!どこだぁぁぁーーー!!!
と、探しまくった結果、材から3頭、マットから1頭の計4頭の幼虫をゲットしました。
結局、勝手にお目当てにした卵には遭遇できず(見落としたかな?)、なんとなく尻すぼみな結果となった2本目でした。

そして現在。プリンカップで5頭、800ccビンで12頭を飼育中です。
ほとんどの菌糸に食痕が見られますが、ビンの2本だけが未だに食痕が出てきません。心配です。
全ての幼虫が成虫に育ってくれたらいいなぁ・・・と、今のところは欲を出さず飼育に奮闘しているところです。
でもそのうち、サイズや顎の太さなどに欲を出してみるつもりではいます。(^^;
そのときは、私が飼育の参考にさせて頂いている方々の知識と情報を惜しみなく提供頂き、いち早くその方々を追い抜こ・・・いやいや、肩を並べて頂けるようがんばっていきたいと思っています。

~ これまでの道のり 完 ~
スポンサーサイト

これまでの道のり その5

その4からの続き・・・

2010年6月26日。この日、我が家のオオクワ一族に新たに4頭の♀(おんちゃん&やさちゃん、我が家の長女ことみっきー命名。ちはやちゃん、我が家のママこときょろ命名。ころもちゃん、ととろ命名。)が嫁入りすることになりました。
大きな飼育ケースごと頂いたので、とりあえずあっくんときいちゃんをそちらへお引越し。
この日からあっくんはハーレム状態となったのでした~。

翌日、ド素人な私は6頭が入り乱れる飼育ケースに産卵木なるものを埋め込んだのでした。
ド素人な私は、この日から2週間ごとに4回、産卵木を埋め込むことを計画したのでした。
おそらくこの計画、ブリードをやられている方には「無謀計画」に見えるんですよね?
私は「これだけ♀がいれば、誰かが生むでしょ」みたいな感覚で計画してしまったのです。
ん~、素人は怖い・・・。(^^;

で、最初の産卵木取り出しから1ヶ月ほど過ぎた8月10日、人生初の「割り出し」を行いました。
産卵木の状態はというと、木の真ん中付近に空洞が作られ、全体の半分くらい削られているような状態でした。
木を持ち上げると崩れてしまいそうなくらいやわらかくなっており、本当にこの中に幼虫がいるんかいな?と、半信半疑で割り出しを開始しました。

その結果・・・ファイナルへ続く。

これまでの道のり その4

その3からの続き・・・

ところが数日後、若手のホープTくんから連絡。ん?・・・なんとなくイヤ~な予感・・・。(-_-;
「すみません、幼虫が全滅してしまいました」(?.?)
Tくんの話によると、Tくんの不注意で全滅させてしまったとの事・・・(;o;)

もう、職場には当てがありません。
♀4頭は我が家にやってくることになってますので、なんとしてでも♂を最低でも1頭、ゲットしなければなりません!

買うしかないな・・・
そう判断した私は、近所のホームセンターへレッツらゴー。
しか~し、そこには外来種のカブト虫やクワガタばかり・・・。お目当ての国産オオクワは1頭もいません。

ネットしかないな・・・
そう判断した私は、ちょいちょいっとネット検索。
生体ってことで、オークションはちょっと心配だったので、ショップ品を調べてみました。
ん~、一時期のブームより安くなったというけど、私の懐的には高いなぁ。
大きくなるとミリ単位で価格が跳ね上がってるじゃん!
安いの、安いの、安いの・・・と、半ば呪文的に探していくと、おっ!?これ、いーんじゃない?
60~64mm、親指と人指し指で幅を作ってみる。お~、コクワガタを飼育していた私にとっては超ビッグ!問題ないない。
産地累代数不明?子どもが見るのには問題ないない。
ペア?♀はブリードに必要、必要。多ければ良いような気がする。(理由不明)

ってな訳で2010年6月20日、我が家に初めてのオオクワガタペア(あっくん&きいちゃん、よっしー命名。)が同居を始めたのでした。

・・・その5へ続く。

これまでの道のり その3

その2からの続き・・・

次は、入手方法。
まずは、手っ取り早く職場で探索。が、オオクワガタを飼っている人が以外に少ない。
まーウチの職場は、もうほとんどの家庭がカブト虫やクワガタに興味が無くなったお子様方をお持ちの家庭。
趣味で続けている方は少ないですよね。
そんな中でも一応、3名ほど飼育されているとの情報を入手。早速アプローチ。

まずはYさん。
確かに2009年まではオオクワを飼育されていたそうなのですが、他家庭と同じくお子様の興味が無くなったことや
他の家族に反対されていることなどから2009年で止められたそうです。(;_;)

次にKさん。
Kさんの息子さんは、まだ小さいので期待ができる。強引に世間話をオオクワに持っていく。
「いいよぉー」よっしゃー!
「全部、もらってくれる?」だーーーーーっ!!!!!
ただし「♀ばっかり、4頭だけど」
・・・ま、いっか。♀はブリードに必要、必要。多ければ良いような気がする。(理由不明)
後は、♂をゲットするだけじゃん!結構、簡単に事が運ぶかも!!

最後にTくん。
Tくんは、まだ若いので期待が持てる!相談しましょ、そうしましょ。
「いいですよ」しゃーーー!!!!!
ただし「まだ幼虫なので、羽化したら持ってきますねー」
・・・ま、いっか。今年の夏には我が家に来るんだし、問題ないない。
一応、♂になりそうな幼虫がいるとのことなので一安心。

ところが・・・その4へ続く!

これまでの道のり その2

その1からの続き・・・

結果、現在の我が家にはコクワガタ様はいらっしゃいません。冬を迎えることなくチ~ン、☆となられました。
結局、産卵木にも幼虫様はいらっしゃらず、あっけなく我が家のコクワガタ飼育は終わりを迎えたのでした。

そして2010年春、よっしーに昆虫欲しい症が発症しました。
と言うのも、たまたま近所のお友達のほとんどが「カブト虫」の幼虫を手に入れていたため「なぜに我が家には虫が居ないのじゃ!」
的なワガママ殿様ぶりを発揮し、私もコクワガタを越冬できなかった後ろめたさから探してみることにしました。

まずは、種類の選定。
昔から、カブト虫よりクワガタの方が好きだったので、カブト虫は除外っと。
そういえば、ネット検索した時に「オオクワガタ」のネタが多かった気がするなぁ。
何か困ったときはネットで調べれば何とかなるかも・・・
と、またしてもアマアマな考えの下、オオクワガタについて少し調べてみました。
そして、オオクワガタは越冬できること、長ければ3年以上生きられること、飼育が比較的簡単であること、
ブリードも比較的簡単であること、かっちょえーこと。
以上の事から「私のためにいるクワガタだ!」などと勝手に結論づけてオオクワガタに決定!

次は、入手方法。・・・その3へ続く!
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震におきまして、被害にあわれた方々へお見舞い申しあげるとともに、突然に犠牲となられた方に対し心よりお悔やみを申しあげます。
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

ととろ

Author:ととろ
ととろのブログへようこそ!
ド素人なオオクワ飼育者のブログですので、書いている内容を決して鵜呑みにしないで下さいね。クレームも落胆するだけですのでご遠慮下さいませ・・・

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。